マイルを貯めやすいお得なクレジットカード

マイルカードは他のカードと比較してマイルを得る条件がかなり有利になっています。
例えば、比較的ポイントが貯まりやすい楽天カードではポイント1%、ANAマイルに移行すると2ポイントで1マイルなので、1万円で50マイル貯まりますが、ANAJCBカードだと1万円で100マイル貯まります。ANAJCBカードだと年会費2100円+マイル移行手数料2100円かかりますが、1マイル3円の価値で月のカード利用額が5万円とするとANAカードのほうが年間で3,000マイル(約9,000円分)多く貯まるので、年会費、手数料を差し引いても5,000円もお得になります。
たまに飛行機に乗るのであれば、カードで通常のポイントを貯めるよりもマイルを貯めたほうがお得ですね!


ANAカード
詳細
オススメ度
ANAカード
旅のマイルがどんどん貯まるカード。区間基本マイレージ+10%または+25%のフライトボーナスマイル。ANAグループ便はもちろん、スターアライアンスメンバーを含めた提携航空会社の幅広いネットワークでマイルを貯めることができます。また貯まったポイントはANAマイレージに移行可能。ショッピングやお食事などで貯まったポイントを、ANAマイレージに移行できます。

ANAカードは貯まったポイントマイルに移行するのにマイルコースという仕組みがあります。千円で10マイル貯まる10マイルコースと5マイル貯まる5マイルコースがあり、10マイルコースは手数料がかかります。
手数料はカードによって異なり年間2100~6300円程度ですが、ANA JCBカードが最も安く設定されています。
Suicaを利用する方はANA VISA Suicaカードもおすすめです。 Suicaはチャージすることでポイントを獲得できるのでマイルを貯めやすいですね。ただし、10マイルコース手数料が年間6300円するので、あまりSuicaを使わいのであればJCB ANAカードのほうがよいでしょう。

    一般カード年会費           提携ブランド      
初年度無料
次年度以降2100円

JALカード
詳細
オススメ度
JALカード
JALカードの魅力はなんといっても、マイルをためやすいこと。フライトマイルはもちろん、会員の方だけのビッグなボーナスマイル(入会搭乗ボーナス(最大5,000マイル)、毎回初回搭乗ボーナス(最大2,000マイル)、ご搭乗ごとのボーナス(区間マイルの最大25%プラス))がたまります。旅や日常のお買い物では、カードのご利用金額がショッピングマイルとしてたまります。
JALカードには移行手数料はかかりません。
また、年会費2100円の「ショッピングマイル・プレミアム」というサービスがあり、マイルが2倍たまります。
JALカードもSuicaユーザーならJALカードSuicaがおすすめ。
Suicaを利用しない方なら、JALカード TOP&ClubQでショッピングマイル・プレミアムに加入するのがおすすめです。PASMOチャージでショッピングと同じ還元率でマイルが付与され、「JMB WAON」とのセット登録で還元率1.5%になります。
年会費 提携ブランド
2,100円

楽天カード
詳細
オススメ度
楽天カード
楽天グループのクレジットカード。楽天市場・楽天ブックスでのお買物で100円=2ポイントの高還元率。ネットショッピング以外のお買い物でも楽天スーパーポイントが貯まります(100円=1ポイント)。ポイント加盟店サービス(例えば、ガソリンスタンドのENEOS)ならポイント2倍。カード利用お知らせメールなどネットショッピングの安心機能付きです。貯まったポイントはANAのマイルへの交換(2ポイント=1マイル)もできます。カード利用額がそれほど多くなく、年会費を払いたくない場合は楽天カードがお得です。
年会費 提携ブランド
永年無料

東急TOP&
詳細
オススメ度
東急TOP&clubQカード
東急グループ(東急百貨店、東急ストア、東急ハンズなど)で幅広く「TOKYUポイント」が貯まるカードです。PASMOやETCカードが追加できたり、JALマイルとの交換ができます。東急グループをよく利用する方にはベストなカードです。またJALのショッピングマイル・プレミアムに加入するとPASMOチャージでショッピングと同じ還元率でマイルが付与され、「JMB WAON」とのセット登録で還元率1.5%に。
年会費 提携ブランド
初年度無料、
2年目から1,050円

アメリカンエクスプレスカード
詳細
オススメ度
アメリカンエクスプレスカード
アメリカンエクスプレスカードは日常の利用はもちろんの事、旅行時にプレミアムサービスを受けられるカードです。
ポイント還元率は基本的には100円=1ポイント。マイルへのポイント移行は2000ポイント=1000マイル。JAL、ANAへのポイント移行には参加登録費が必要で、JAL(年間9,000円/税込)、ANA(年間5,250円/税込)かかります。また、マイルへの移行は2,000ポイント単位で、年間移行上限があり、JAL:300,000ポイント=150,000マイル ANA:160,000ポイント=80,000マイルまで。「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間税込3,150円)に登録すると、ポイントの換算レートがアップし、1000ポイント=1000マイルに。通常3年間のポイント有効期限も無期限になります。
マイルを貯めるだけだと他のカードが優れていますが、アメックスの特徴は空港ラウンジの利用や、空港送迎サービス、手荷物無料宅配サービス、海外のほぼすべての国から24時間対応のホットラインなどのプレミアムなサービスです。ブランド性だけではなく、実用性も兼ね備えた心強い一枚ですよ。
年会費 提携ブランド
Classic カード 12600円   
Gold カード 27300円    
Biz カード 27300円     
DELTA AMEX Classic カード 5250円 
DELTA AMEX Gold カード 32550円

賢いマイルの貯め方とは?

遠地へ出張したり、遠方への国内旅行を楽しむため飛行機を利用する方が多いですが、その際にマイルを沢山貯めるのが1つの楽しみだという方も少なくありません。
 
マイルを貯めることで、空港ラウンジを利用出来るようになったり、人気商品や商品券に交換出来たり、或いは航空会社と提携している宿泊施設に安く泊まることが出来るようになります。そのため、少しでも多くのマイルを貯めたいと日々考えている方にオススメなのが、クレジットカードに付帯しているポイントサービスを活用し、クレジットカードのポイントを航空会社のマイルに移行することで、より多くのマイルを貯めることが出来る方法です。そして貯めたマイルを航空券と交換することで、全く現金を使うことなく航空券を入手することが出来ます。
 
これを実現するためには、クレジットカード会社と航空会社のマイルを交換するマイレージ移行プログラムが、保有するクレジットカードに適用されていることがポイントです。移行出来るポイントとその還元率は、クレジットカード及び航空会社によって差がありますので、事前に確認しておく必要があります。
 
また、ポイントからマイルへ移行する際に有料で移行するケースと無料で移行するケースがあります。この2つの差は、還元率にも影響されてきますので、どちらのケースの方がより多くのマイルが貯まるか計算しておくと良いでしょう。移行手数料を支払ったのに、全然マイルが貯まらなかったとならないよう、しっかりとシミュレートすることが大切です。

このページの先頭へ

ANA、JALのマイルを貯めるマイルカード比較