ANAカードとJALカードの比較

ANAカードは入会・登録・フライトでマイルが貯まるのはもちろんですが、ANAマイレージモールを経由したショッピングやサービスでもマイルが貯まりますし、ANAカードで支払ったクレジットカードのポイントをマイルに移行させることも出来ます。

一方JALカードは多くの提携先を持っており、WAONやSuicaといった電子マネーやサービスにも幅広く対応しています。下記にてANAカードとJALカードの一覧比較をしています。参考にしてみて下さい。

一般カードでの比較

一般カードでの比較をしてみました。ごらんの通り各マイルカードとも顕著な違いというのはないようです。マイルの貯まり方、年会費など同じサービス内容なので利用できる場所や機会が自分にあっているかで選んでいくと良いでしょう。たとえばJALカードはWAONが使えるので日頃イオンで買い物をされる方には便利なカードになってくれるはずです。またANAカードはPiTaPaが使えますので、近畿特に大阪・京都・神戸近隣の方には使いやすいカードといえるでしょう。

一般カードは自分の生活スタイルを考察しお得になるように利用していきましょう。

各一般カードの比較
ANAカード JALカード
入会ボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル 基本マイレージ+10% 基本マイレージ+10%
マイルの積算 10マイルコース(要移行手数料)
は100円=1マイル
5マイルコース(移行手数料無料)
は200円=1マイル
200円=1マイル、特約店では
200円=2マイル
ショッピングマイル・プレミアム
入会(年会費2,100円)で
100円=1マイル、特約店では
200円=1マイル
年会費 2,100円
家族会員1,050円
マイルの合算 家族間で共有可能
電子マネー及び
その他のサービス
Edy、QUICPay、PiTaPa
ETCカード、三井住友カードiD
WAON、Suica、PASMO
ETCカード、Visa Touch、QUICPay

マイルを貯めやすいお得なクレジットカード


ANAカード
詳細
オススメ度
ANAカード
旅のマイルがどんどん貯まるカード。区間基本マイレージ+10%または+25%のフライトボーナスマイル。ANAグループ便はもちろん、スターアライアンスメンバーを含めた提携航空会社の幅広いネットワークでマイルを貯めることができます。また貯まったポイントはANAマイレージに移行可能。ショッピングやお食事などで貯まったポイントを、ANAマイレージに移行できます。

ANAカードは貯まったポイントマイルに移行するのにマイルコースという仕組みがあります。千円で10マイル貯まる10マイルコースと5マイル貯まる5マイルコースがあり、10マイルコースは手数料がかかります。
手数料はカードによって異なり年間2100~6300円程度ですが、ANA JCBカードが最も安く設定されています。
Suicaを利用する方はANA VISA Suicaカーもおすすめです。 Suicaはチャージすることでポイントを獲得できるのでマイルを貯めやすいですね。ただし、10マイルコース手数料が年間6300円するので、あまりSuicaを使わいのであればJCB ANAカードのほうがよいでしょう。

    一般カード年会費           提携ブランド      
初年度無料
次年度以降2100円

JALカード
詳細
オススメ度
JALカード
JALカードの魅力はなんといっても、マイルをためやすいこと。フライトマイルはもちろん、会員の方だけのビッグなボーナスマイル(入会搭乗ボーナス(最大5,000マイル)、毎回初回搭乗ボーナス(最大2,000マイル)、ご搭乗ごとのボーナス(区間マイルの最大25%プラス))がたまります。旅や日常のお買い物では、カードのご利用金額がショッピングマイルとしてたまります。
JALカードには移行手数料はかかりません。
また、年会費2100円の「ショッピングマイル・プレミアム」というサービスがあり、マイルが2倍たまります。
JALカードもSuicaユーザーならJALカードSuicaがおすすめ。
Suicaを利用しない方ならJALカード TOP&ClubQでショッピングマイル・プレミアムに加入するのがおすすめです。PASMOチャージでショッピングと同じ還元率でマイルが付与され、「JMB WAON」とのセット登録で還元率1.5%になります。
年会費 提携ブランド
2,100円

楽天カード
詳細
オススメ度
楽天カード
楽天グループのクレジットカード。楽天市場・楽天ブックスでのお買物で100円=2ポイントの高還元率。ネットショッピング以外のお買い物でも楽天スーパーポイントが貯まります(100円=1ポイント)。ポイント加盟店サービス(例えば、ガソリンスタンドのENEOS)ならポイント2倍。カード利用お知らせメールなどネットショッピングの安心機能付きです。貯まったポイントはANAのマイルへの交換(2ポイント=1マイル)もできます。カード利用額がそれほど多くなく、年会費を払いたくない場合は楽天カードがお得です。
年会費 提携ブランド
永年無料

アメリカンエクスプレスカード
詳細
オススメ度
アメリカンエクスプレスカード
アメリカンエクスプレスカードは日常の利用はもちろんの事、旅行時にプレミアムサービスを受けられるカードです。
ポイント還元率は基本的には100円=1ポイント。マイルへのポイント移行は2000ポイント=1000マイル。JAL、ANAへのポイント移行には参加登録費が必要で、JAL(年間9,000円/税込)、ANA(年間5,250円/税込)かかります。また、マイルへの移行は2,000ポイント単位で、年間移行上限があり、JAL:300,000ポイント=150,000マイル ANA:160,000ポイント=80,000マイルまで。「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間税込3,150円)に登録すると、ポイントの換算レートがアップし、1000ポイント=1000マイルに。通常3年間のポイント有効期限も無期限になります。
マイルを貯めるだけだと他のカードが優れていますが、アメックスの特徴は空港ラウンジの利用や、空港送迎サービス、手荷物無料宅配サービス、海外のほぼすべての国から24時間対応のホットラインなどのプレミアムなサービスです。ブランド性だけではなく、実用性も兼ね備えた心強い一枚ですよ。
年会費 提携ブランド
Classic カード 12600円   
Gold カード 27300円    

このページの先頭へ

ANAカードとJALカードの比較